トップ > サポート > アップデート用プログラムのダウンロード

アップデート用プログラムのダウンロードサポートトップに戻る


減価償却 ダウンロード

ダウンロードする前に必ずお読みください。

こちらのアップデートプログラムは、製品をご購入・ご使用いただいているお客様が対象になります。 ご使用いただいている製品・年度・バージョンをご確認の上、該当するアップデートプログラムを ダウンロード・インストールして下さい。

※インターネットに接続できる環境で製品をご利用いただいている場合、製品起動時に自動的に アップデートを行いますので、こちらのアップデートプログラムを適用する必要はございません。

インストール手順

STEP1
下記の一覧よりご利用の製品の年度・バージョンに該当するプログラムをお探しください。
STEP2
改定内容をご確認ください。よろしければ「ダウンロード」ボタンをクリックし、魔法陣がインストールされているお客様のパソコンに、プログラムをダウンロードしてください。
STEP3
ダウンロードしたプログラムをダブルクリックしてください。あとはインストール画面にしたがってインストールを完了させてください。インストールが完了しましたら、製品を起動し「バージョン情報」をご確認ください。

減価償却 七訂版


open
Ver1.0 Ver1.01 減価償却七訂版不具合修正 ダウンロード

Ver1.01での変更点:

下記不具合を修正しました。

 事業者情報の事業年度開始日が平成31年4月2日~平成31年4月30日で、かつ、事業
年度終了日の「日」が事業年度開始日の「日」より小さい場合、固定資産台帳及び減価償却

総括表を印刷することができません。

 

【アップデートの確認】
アップデートは次でご確認ください。
減価償却 七訂版を起動し、
[ヘルプ(H)]-[バージョン情報(A)]で“Ver1.01”と表示されれば
アップデートは正常に終了しています。

減価償却 六訂版


open
Ver1.0
Ver1.01
Ver1.1
Ver1.2
Ver1.21
Ver1.3
Ver1.31 Windows 10 April 2018 Update(1803)の大型アップデートプログラムに伴う修正 ダウンロード


■ 減価償却 六訂版 Ver1.31
次の不具合に対応するアップデートプログラムです。
アップデート後はVer1.31となります。

アップデート対象プログラム

・減価償却 六訂版 Ver1.0、Ver1.01、Ver1.1、Ver1.2、Ver1.21、Ver1.3

修正内容:

下記の不具合に対応しました。

・平成31年5月1日以降の日付が入力できない。
・事業年度の末日が平成30年4月30日以降のデータの繰越処理ができない。
 
※この不具合は「Windows 10 April 2018 Update(1803)」のアップデートにより、2019(平成31)年5月1日以降の元号の取り扱いに変更が生じたことによります。
この変更は減価償却以外の製品には影響が無く、不具合は生じません。
 
【アップデートの確認】
アップデートは次でご確認ください。
減価償却 六訂版を起動し、
[ヘルプ(H)]-[バージョン情報(A)]で“Ver1.31”と表示されれば アップデートは正常に終了しています。
 

Ver1.0
Ver1.01
Ver1.1
Ver1.2
Ver1.21
Ver1.3 償却資産申告書の様式変更等
■ 減価償却 六訂版 Ver1.3

次の改訂に対応するアップデートプログラムです。
アップデート後はVer1.3となります。

アップデート対象プログラム

    ・減価償却 六訂版 Ver1.0、Ver1.01、Ver1.1、Ver1.2、Ver1.21

改訂内容:

    ①償却資産申告書の様式の変更に対応
    平成28年度以降の償却資産申告書からマイナンバー(個人番号又は法人番号)の記載が必要となりました。

    ②税務代理権限証書の様式の改訂への対応
    平成27年7月1日以後提出分より様式が変更され、これに対応しました。
    メニュー[基本情報]-[税理士情報]-[税理士 基本情報]より切り替えられます。

【アップデートの確認】

アップデートは次でご確認ください。
減価償却 六訂版を起動し、
[ヘルプ(H)]-[バージョン情報(A)]で“Ver1.3”と表示されれば アップデートは正常に終了しています。


Ver1.0
Ver1.01
Ver1.1
Ver1.2
Ver1.21 税理士マスターの変更
■ 減価償却 六訂版 Ver1.21

次の改訂に対応するアップデートプログラムです。
アップデート後はVer1.21となります。

アップデート対象プログラム

    ・減価償却 六訂版 Ver1.0、Ver1.01、Ver1.1、Ver1.2

改訂内容:

    税理士マスターを変更しましたので、マスターを統一するため、 下記プログラムのアップデートが必要になります。


【アップデートの確認】

アップデートは次でご確認ください。
減価償却 六訂版を起動し、 [ヘルプ(H)]-[バージョン情報(A)]で“Ver1.21”と表示されれば アップデートは正常に終了しています。


Ver1.0
Ver1.01
Ver1.1
Ver1.2 税務代理権限証書の様式改訂

Ver1.0
Ver1.01
Ver1.1 所得税の青色決算書・収支内訳書の減価償却明細印刷

Ver1.0 Ver1.01 Windows8での保存時の問題点を修正

減価償却 五訂版


open
Ver1.0
Ver1.1
Ver1.2
Ver1.21
Ver1.3 四訂版中間データを繰越した場合の不具合修正 ダウンロード
■ 減価償却 五訂版 Ver1.3

次の修正点に対応するアップデートプログラムです。
アップデート後はVer1.3となります。

アップデート対象プログラム

    ・減価償却 五訂版 Ver1.0、Ver1.1、Ver1.2、Ver1.21

修正点:

    四訂版の12月決算で6月中間のデータを繰越処理すると、償却資産税の当年1月1日の評価額に四訂版の前年評価額の値を転記すべきところ、四訂版の当年1月1日の評価額をそのまま計上します。
    よって四訂版の前年1月1日の評価額を五訂版の当年1月1日の評価額に転記されるように修正しました。


【アップデートの確認】

アップデートは次でご確認ください。
減価償却 五訂版を起動し、 [ヘルプ(H)]-[バージョン情報(A)]で”Ver1.3”と表示されれば アップデートは正常に終了しています。


Ver1.0
Ver1.1
Ver1.2
Ver1.21 印刷プレビューでのエラー表示

Ver1.0
Ver1.1
Ver1.2 事業年度が1年未満のデータを繰越した場合の不具合修正

Ver1.0 Ver1.1 償却資産税の種類別明細書の資産コード等印字位置修正

減価償却 四訂版


open
Ver1.0
Ver2.0
Ver3.0 特別償却区分欄の「即時償却」の計算変更 ダウンロード
■ 減価償却 四訂版 Ver3.0

減価償却 四訂版 Ver1.0、Ver2.0のプログラムに下記の改訂を行う アップデートプログラムです。
アップデート後はVer3.0となります。

アップデート対象プログラム

    減価償却 四訂版 Ver1.0、Ver2.0

改訂点

    平成21年度税制改正
    平成21年度税制改正によるエネルギー需給構造改革推進設備等
    の即時償却制度の導入に伴い、償却方法が定額法又は定率法の資産
    についても、特別償却の償却区分欄で「即時償却」を選択した場合、
    普通償却限度額と特別償却限度額の
    合計を取得価額まで償却するよう変更しました。


【アップデートの確認】

アップデートは次でご確認ください。
減価償却 四訂版を起動し、[ヘルプ(H)]-[バージョン情報(A)]で”Ver3.0”と表示されればアップデートは正常に終了しています。


Ver1.0 Ver2.0 償却資産税申告書様式変更及び画面変更