Q&A(内訳書・概況書)

入力

Q [11353] 小計の印字が考えている位置に現れない
(よくある3 つの原因のご紹介)

A

(事例)  預貯金等の内訳書について、下記のように種類「現金」で小計をとって、現金計の行を印字したい

 


(問題その1)  本社のすぐ下が「現金計」となってしまう。ほかの明細が集計の対象から外れてしまう


(問題その2)  現金に関する小計行が何度も現れてしまう


(問題その3)  「現 金」と画面の種類欄について、完全に同じ入力内容なのに別行に

       小計行がまた別の行に印字されてしまう


① (問題その1)の解決方法

文字列で判断するものは、必ず文字列の入力が必要です。

入力画面の「種類」欄は大阪営業所分、京都営業所分、横浜営業所分、茨城営業所分について「現 金」

と設定してください。


②  (問題その2)の解決方法

文字入力の際、入力内容が完全に一致(空白も含めて)している必要があります。

画像×では大阪営業所の「現 金」と京都営業所の「現金」、横浜営業所の「現 金」は

別の扱いになってしまいます



③  (問題その3)の解決方法

登録行を隣接してください。

本事例では、種類名「現 金」行を隣接させてください。

隣接していない場合、小計が別に印字されることになります。



行の隣接を行っていただく際ですが、「並べ替え」機能、または行の「上(下)へ移動」機能をお使いください。


魔法陣会員サイトにログインしていただきますと、
検索機能もご利用になれます。ぜひ、ご活用ください。
※ご不明点・お問い合わせは、こちらから