Q&A(減価償却)

償却資産税

Q [10400] 【地方税】償却資産申告書や種類別明細書に、登録資産の金額が反映されない

A
原因は次のとおりです。
 (1)現在、お使いのデータについて、提出を考えている年度と違う
 (2)基本情報の設定漏れがある
 (3)償却申告対象資産について、償却資産に関する設定が反映できていない
 
 

(1)申告年度が違う

 お使いのデータを「データ繰越」して「次の事業年度データ」を別途作成してください。

 

 地方税の償却資産申告の対象期間は「前年1 月2 日~当年1 月1 日」です。

《魔法陣》減価償却では、[事業者情報]で設定した事業年度中の「1 月1 日」を賦課期日(課税の基準となる日)

として申告書を作成します。具体的には下記例のとおりです。

 

例1 3月決算の場合(事業年度:令和2年4月1日~令和3年3月31日)

事業年度中の「1月1日」:令和3年1月1日

→作成する申告書:令和3年度分(令和2年1月2日~令和3年1月1日)

 

例2 12月決算の場合(事業年度:令和2年1月1日~令和2年12月31日)

事業年度中の「1月1日」:令和2年1月1日

→作成する申告書:令和2年度分(平成31年1月2日~令和2年1月1日)

 

 特に例2のような、事業年度「1 月1 日~12 月31 日」と設定している場合、申告書を作成するために

「データ繰越」をして「次の事業年度データ」を作成する必要がございます。

 

 ご確認頂く画面と項目

データ申告年度の設定確認

  •  [(1)基本情報]-[事業者情報]の“償却資産税提出日”の“申告年度”
 
 
(2)基本情報の設定に漏れがある
  
 ご確認頂く画面と項目
基本情報の設定確認
  •  [(1)基本情報]-[科目情報]の“償却資産税種類”
  •  [(1)基本情報]-[役所情報]の“役所名”
  •  [(1)基本情報]-[事業所情報]の “事業所名” “役所No” “役所名”

       (事業所と役所の関連付けが必要です

 
(3)償却資産申告資産について、償却資産に関する設定が反映できていない
 
  ご確認頂く画面と項目
償却資産申告の設定確認(固定資産-個別入力画面での確認)
  • [(2)資産入力]-[固定資産]-資産の個別入力画面 “事業所”(事業所情報で設定したものが選択可) の入力をしてください
  • [(2)資産入力]-[固定資産]-資産の個別入力画面の[償却資産申告タブ]

      “役所”“税種別区分”“供用可能年月日”に表示がありますか

      表示がなければ、[入力]チェックボックスにチェックマークを入れてから、

      各項目の設定を行って下さい。

 


魔法陣会員サイトにログインしていただきますと、
検索機能もご利用になれます。ぜひ、ご活用ください。
※ご不明点・お問い合わせは、こちらから