電子申告前に戻る

メッセージボックスのセキュリティ強化

Q [11642] メッセージボックスの閲覧に電子証明書が必要になりますか?

A

平成31年1月以降、e-Taxではセキュリティ対策の観点から、個人納税者に係るメッセージボックスの閲覧の際に電子証明書による認証が必要になります。
税理士が個人納税者の代理申告を行った場合に格納されるメッセージも同様です。
なお、法人納税者については認証を行う必要はありません。従来どおり、すべてのメッセージを参照することができます。


メッセージボックスへログイン後、認証が必要な場合は以下の手順でメッセージボックス閲覧認証を行ってください。
メッセージボックス閲覧認証は、e-Taxよりログアウトするまで有効です。
 

<手順>
 

1.メッセージボックスにログイン後、「閲覧認証」ボタンをクリックする。
※閲覧認証が必要なメッセージは未読/既読アイコンの色がグレーで表示されています。(詳細表示できません。)
 

 

2.電子証明書のメディアを選択し「OK」ボタンをクリックする。

 

 

3.選択されたメディアのパスワードを入力画面が表示されますので、入力後「OK」ボタンをクリックする
※基本的な手順は署名付与のときと同じです。

 

4.閲覧認証完了後、すべてのメッセージを参照することができるようになります。
※未読/既読アイコンはすべて白色で表示されます。

 

 

 

<補足>

以下の3手続については、電子証明書がなくても閲覧が可能であることから、個人納税者に係わるメッセージであっても閲覧認証を行っていない状態でメッセージを参照することができます。
 

  • 所得税徴収高計算書の提出
  • 納付情報登録依頼
  • 納税証明書の交付請求(税務署窓口での交付分)

 

 

 


魔法陣会員サイトにログインしていただきますと、
検索機能もご利用になれます。ぜひ、ご活用ください。
※ご不明点・お問い合わせは、こちらから