トップ > 製品情報 > 電子申告 > お知らせ

電子申告製品情報トップに戻る

お知らせ

NEW

電子申告 Ver2.1.9.0 ダウンロードについて

《魔法陣》電子申告プログラムを更新しました。

1.変更点

(1)以下の税法製品で作成されたデータの読み込みに対応しました。

   ・所得税 令和元年度版 Ver1.0
   ・相続税 令和元年改訂版 Ver2.0 ※贈与税データ
   ・消費税 令和元年改訂版 Ver2.1

(2)地方税処理(電子納税)にて、納付情報のプレビュー及び印刷に対応しました。
 ※納付情報のプレビュー及び印刷方法については、こちらを御覧ください。
 

2.注意点

上記【変更点】で記載しているバージョンで作成されたデータのみ読み込み対象としておりますので、それ以前のバージョンで作成されたデータを読み込むことはできません。
税法製品のバージョンが古い場合は最新のバージョンにアップデートを行い、申告したいデータを開いて《保存》処理を行った後、《魔法陣》電子申告でデータの読み込みを行ってください。
※魔法陣データ読み込み画面にて、作成バージョンが読み込み対象のバージョンであることをご確認ください。

3.アップデートプログラムについて


《魔法陣》電子申告「自動更新機能」より、アップデートを行ってください。

※最新版プログラムは、下記URLからもダウンロードできます。
https://www.mahoujin.co.jp/product/denshi/download.php

 

 


重要なお知らせ

電子申告Ver.2.1.8.0不具合のお知らせ

 過日提供プログラム(電子申告Ver2.1.8.0)の地方税処理において、下記不具合が生じましたので修正版(電子申告Ver2.1.8.1)をリリースさせていただきます。ご迷惑をおかけいたしまして、誠に申し訳ございません。

1.不具合

 令和2年度(申告期限:令和2年1月31日)の種類別明細書(減少資産用)において、昭和以前に取得した償却資産の申告年度がスキーマーエラーとなる不具合を修正しました。

2.アップデートプログラムについて

《魔法陣》電子申告「自動更新機能」より、アップデートを行ってください。
※最新版プログラムは、下記URLからもダウンロードできます。
 https://www.mahoujin.co.jp/product/denshi/download.php
ダウンロードが正常に行えない場合は、サポートセンターまでお問い合わせください。


電子申告 Ver2.1.8.0 ダウンロードについて

《魔法陣》電子申告プログラムを更新しました。

1.変更点

以下の税法製品で作成されたデータの読み込みに対応しました。

   ・法定調書・年末調整 令和元年改訂版 Ver1.0
   ・法人税・地方税 令和元年度版 Ver2.0
    ※特別償却の付表、別表六(五の二)、組織再編成に係る主要な事項の明細書、災害により生じた損失の額に関する明細書
   ・減価償却 七訂版 Ver1.1
    ※固定資産税(償却資産)申告/令和2年度分
 


2.注意点

(1) 上記【変更点】で記載しているバージョンで作成されたデータのみ読み込み対象としておりますので、それ以前のバージョンで作成されたデータを読み込むことはできません。
税法製品で最新のバージョンにアップデートを行い、申告したいデータを開いて《保存》処理を行った後、《魔法陣》電子申告でデータの読み込みを行ってください。
※魔法陣データ読み込み画面にて、作成バージョンが読み込み対象のバージョンであることをご確認ください。

(2) 減価償却データの読み込みについて
過日お知らせのとおり、減価償却六訂版は、令和2年度以降の固定資産税(償却資産)の電子申告対象外となります。令和2年度以降の固定資産税(償却資産)の電子申告を行うには、改元対応版である減価償却七訂版Ver1.1をご利用ください。

(3) 給与支払報告書の年分について
法定調書・年末調整令和元年改訂版で作成したデータを電子申告で読込したときの給与支払報告書の年分はeLTAXの仕様に基づき「平成31年分」となります。
但し、[申告書等データ一覧]や[署名・送信]画面上の表記は国税処理と同様に「令和01年分」となります。

(4)Windows 7上での動作保証について
マイクロソフト社によるOSのサポート終了に伴い、Windows 7上での動作保証を終了させていただきます。
 

3.アップデートプログラムについて


《魔法陣》電子申告「自動更新機能」より、アップデートを行ってください。

※最新版プログラムは、下記URLからもダウンロードできます。
https://www.mahoujin.co.jp/product/denshi/download.php

 

 


電子申告 Ver2.1.7.0 ダウンロードについて

1.変更点

(1)地方税処理にて、下記税目の令和元年度の様式改訂に対応しました。
  ①法人都道府県民税・事業税・特別法人事業税又は地方法人特別税
  ②法人市町村民税

(2)地方税処理にて、令和元年9月にeLTAXの利用可能文字がe-Tax(国税電子申告システム)と同等程度に拡充されましたので、これに対応しました。
 これにより、各税法製品に入力したe-Taxの利用可能文字が、原則として地方税処理でも読込可能となります。

※主なご利用可能文字 
 「髙」「﨑」など

(3)ダイレクト納付(個人住民税(特別徴収))の機能追加について
 前月分の納付情報発行依頼作成ファイルの読込によって、個人住民税(特別徴収)の納付情報発行依頼の作成が可能になりました。詳しくはこちらをご覧ください。

2.注意点

(1)減価償却データの読み込みについて
減価償却六訂版は、令和2年度以降の固定資産税(償却資産)の電子申告対象外となります。
令和2年度以降の固定資産税(償却資産)の電子申告を行うには、改元対応版である減価償却七訂版をご利用いただく必要があります。
予め、ご了承下さい。

下記でお知らせしておりましたが、再度ご確認いただきますようお願いいたします。
2019年6月14日のお知らせ 電子申告 Ver2.1.0.0 ダウンロードについて 2.注意点 (5)減価償却データの読み込みについて

なお、令和2年度の固定資産税(償却資産)の電子申告対応は令和2年1月初旬予定です。

(2)Windows 7上での動作保証について
2020年1月でのマイクロソフト社のOSサポート終了に伴い、魔法陣 電子申告についても2020年1月以降にリリースされるバージョンについては、Windows 7での動作保証を終了させていただきます。

3.アップデートプログラムについて

《魔法陣》電子申告「自動更新機能」より、アップデートを行ってください。

※最新版プログラムは、下記URLからもダウンロードできます。
https://www.mahoujin.co.jp/product/denshi/download.php

ダウンロードが正常に行えない場合は、サポートセンターまでお問い合わせください。


電子申告 地方税マスタファイル(Ver43.0)更新について

電子申告用地方税マスタファイルを更新致しましたのでお知らせ致します。

変更点

■法人税・地方税 

兵庫県の「提出先名」に変更があります。

変更前 「兵庫県神戸県民センター西神戸県税事務所」
変更後 「兵庫県神戸県民センター神戸県税事務所」

該当する場合は、下記の操作をお願いいたします。

1.《魔法陣》法人税・地方税でデータを開き、「提出先」を選択し直してから《魔法陣》電子申告でデータ読み込みを行ってください。
2.《魔法陣》電子申告(地方税処理)の[利用届出]-[提出先手続確認・変更]で提出先の変更を行ってください。

■減価償却

下記提出先は、固定資産税(償却資産)の電子申告で資産名称に漢字・ひらがなが使用可能となりました。

仙台市(青葉区)
仙台市(宮城野区)
仙台市(若林区)
仙台市(太白区)
仙台市(泉区)

アップデート方法

《魔法陣》電子申告起動時の自動アップデート機能にてアップデートを行ってください。
バージョン情報で、モジュール「Master.xml」のバージョンが"43.0"と表示されていれば、アップデートは正常に終了しています。

留意事項

以下の各《魔法陣》税法製品でも電子申告 地方税マスタファイルを利用しています。
・法人税・地方税
・所得税
・法定調書・年末調整
・減価償却

上記《魔法陣》税法製品と《魔法陣》電子申告が異なるパソコンにインストールされている場合は、 各《魔法陣》製品側で、起動時の自動アップデート機能にてアップデートを行って頂ければ、 最新の電子申告地方税マスタファイルをご利用頂くことができます。